専門業者の需要

古時計

遺品整理とは、故人の残した品を処分することで、故人の遺品を遺族で分け合うことを形見分けと言います。 故人が賃貸住宅に住んでいて明け渡さなくてはならない場合は、葬儀などの法事が終わってから、直ちに遺品整理することが多いです。 少子高齢化や核家族化に伴い、独居老人の孤独死が社会問題化し、生前整理や老前整理をしないまま亡くなられた場合は、遺族には遺品の処分(整理や廃棄など)が負担となり、専門業者に依頼する方が年々増えています。 専門業者は遺族側の心情を慮って処分するとこが多いですが、なかには悪質な業者もあり、買取り処分も行い、遺品の処分費用と相殺できると宣伝しておきながら高額費用を請求したり、不要品を不法投棄したりする悪質業者もいます。 専門業者には、便利屋、特殊清掃業務会社、遺品整理専門会社、中古品買取り業者などがありますが、買取りを行うには古物商などの資格が必要となります。 古物商や遺品整理士などの資格の有無は、業者選びで参考となります。

数十年前の日本では「親の面倒を子供が見るのが当たり前」でしたが、現在の少子高齢化で、自分の葬儀は自分で準備する時代といわれています。 葬儀が済んだら必然的に遺品の処分が問題になります。遺品処分まで自分で行わなくてはなりません。 亡くなった人間が、葬儀や遺品処分をすることは不可能です。しかし、葬儀費用や遺品処分費用を残しておいて、業者選びも済ませておけば遺族の負担は軽くなります。 民間資格ではありますが、一般社団法人遺品整理士認定協会というとこがあります。 遺品整理士認定協会では、遺品整理業の社会的役割、業界の健全育成、認定試験の実施、モラル低下是正、苦情受付を行い遺品整理業界の健全化に取り組んでいます。 協会に問い合わすと、遺品整理士の優良事業者を紹介してもらえます。