散骨を希望する

段ボールを抱える人

自然葬のひとつである散骨が見直されてきています。その背景には社会状況の急激な変化として少子高齢化などで墓の継承ができなくなっていること、墓石や墓地の購入に多額の金額がかかり負担になることなどが主な原因に挙げられます。散骨は日本人が本来持っている自然との一体感や自然にかえるという死生観に合っていることになります。散骨は節度のあるマナーやルールを守れば独自におこなうこともできますが、良く知られていなかったり手間もかかることが多いです。そのため最近では専門業者がでてきたこともあり依頼する人が増えています。自分で散骨できれば最も安いですが、業者に依頼すると価格の相場は地域やどのような形でするかによって違ってきます。

散骨といっても種類は様々で場所は宇宙から山や山林、陸地、海、川や湖などが多いです。故人の好きな場所や思い出の場所など故人の希望の場所が選ばれているようです。遺骨は前もって粉末にしておきます。形のある状態だと発見された時に大きな問題になるので、自然にかえりやすくするためにも粉末状の灰骨にします。散骨が少しずつ増える傾向にあるため専門の業者も現れるようになり依頼する場合が多くなりました。価格は様々ですが10万円から数十万円のことが多く、海洋葬の場合は海上までのボートが必要なため高めになり15万円程度とも言われています。単独か合同で行うかによっても違ってきます。いかなる場合も散骨のルールやマナーを守ることが大切です。