遺品整理士を雇う

荷物整理

昔は誰かが亡くなると、家族や親類が集まり、形見分けを兼ねて遺品を整理をしていました。現在は核家族化が進んで、離れて暮らす家族が増えました。高齢化社会も進み、遺族が高齢の場合も少なくありません。そのため、遺族だけで遺品を整理するのは、より困難になっています。例えば、遺品整理を行う場所と遺族の生活の場が離れていると、短時間で整理を済ませる必要があります。しかし、整理対象となる物の量は、同居でない分多くなりがちです。また高齢で作業が難しい場合もあります。このような社会状況の変化もあり、遺品整理業者を依頼することが一般的になってきました。 遺品整理を行う業者は急増しています。便利屋や廃品回収業者がその業務の延長線上で行う場合も多く、トラブルも報告されています。遺品の整理がそもそも繊細さを要求される作業なので、当然かもしれません。そんな中で、遺品整理士という資格を持ったプロが対応してくれる業者もあります。良心的な業者を選ぶために、上記の資格者在籍数も参考になるかもしれません。また、複数の業者から見積もりをとり、内容や価格、追加費用の有無を比較してみるのも有効です。

遺品整理の困難さに気づいた人は、生前から整理に取り組み、元気なうちに不用品を処分しようと考えるようになってきました。特に、実際に遺族として遺品整理を経験すると、「家族(周囲)に迷惑をかけたくない」という気持ちが強くなるようです。実際、遺族など近親者が遺品を整理すると、思い入れが深い分、なかなか進まないことが多いのです。 そのため、生前の整理を遺品整理業者に依頼したり、あるいは、自分の死後の遺品整理を生前に予約する人が増えています。生前整理や、自分の死後の「遺品」の行き先を考えることは、今までの人生を振り返ることにつながり、残された人生でやりたいことを見つめ直す機会ともなるのです。そう考えると、若い人でも早過ぎることはありません。今すぐ、自分の「遺品」整理を検討してみてはいかがでしょうか。